mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年03月26日

被災地に広がるデマ 注意を!!

皆さん こんにちは。
Mama通販Shop店長のいまいです。

東日本大震災は、今日で15日目。
実は、被災地で、流言が飛び交っている様なのです。

「外国人の窃盗団がいる」「電気が10年来ない」……。

根拠のないうわさは、口コミに加え、携帯メールでもあっと言う間に広がっていきます。
宮城県警は25日、避難所でチラシを配り、冷静な対応を呼び掛けています。

被災地では数々のうわさが飛び交っています。
「レイプが多発している」「外国人の窃盗団がいる」。
仙台市の避難所に支援に来ていた男性(35)は、知人や妻から聞いた。真偽はわからないが、夜の活動はやめ、物資を寝袋に包んで警戒している。「港に来ていた外国人が残っていて悪さをするらしい」。仙台市のタクシー運転手はおびえた表情をみせました。


流言は「治安悪化」だけではありません。

「仮設住宅が近くに造られず、置き去りにされる」
「電気の復旧は10年後らしい」。震災から1週間後、ライフラインが途絶えて孤立していた石巻市雄勝町では、復興をめぐる根拠のない情報に被災者が不安を募らせています。
町を出る人が出始め、14日に2800人いた避難者は19日に1761人に減ったそうです。

ネットでも情報が拡散。

「暴動は既に起きています。家も服も食べ物も水も電気もガスも無いから」
「二、三件強盗殺人があったと聞いた」。こうした記載がある一方で「窃盗はあるけど、そこまで治安は悪くない」「全部伝聞で当事者を特定する書き込みはない」と注意を促す書き込みもあるそうです。

被災地では厳しい状況に置かれており、普段から抱いている不安や恐怖が流言として表れています。

それが、メールやインターネットの普及で流言が広域に拡大するようになっています。

行政は一つ一つの事実を伝えることが大切であると、ともに、確証のない情報はむやみに流さない様に私たち一人、一人 気を付けなければならないと改めて感じます。


ラベル:被災地 風評被害
posted by いまい at 13:39| Comment(0) | 店長の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

ミネラルウォーターは子供、妊婦さんにまわしてあげませんか?

みなさん こんばんは。

Mama通販Shop店長のいまいです。

東京都水道局の金町浄水場(葛飾区)で、水道水から乳児の摂取制限を超える放射性ヨウ素が検出された問題で、都は24日、水道水1キログラム当たりの放射性ヨウ素が79ベクレルに減少したと発表。

食品衛生法で定めた1歳未満の乳児の暫定基準値の100ベクレル範囲内に改善したため、都は摂取制限を解除。
ただ、配水管などに水が残っている可能性もあり「2日間は注意をしてほしい」と呼びかけています。

昨日 スーパーではお水がなくなっていました。近くのコンビニでは「お一人○本迄」と大きく張り紙がされていました。


今は福島の原子力発電所からの放射能で、パニック状態となっています。

地震発生当時は、カップラーメンやレトルトが一斉になくなりました。
今度はミネラルウォーターがなくなっています。

原子力の放射能は目に見えず、本当にこわいです。

ニュースでは、大人は大丈夫。乳幼児は飲まない様に。

と呼びかけています。


ミネラルウォーターはできるだけ乳幼児のいるご家庭の為に私たち一人一人気遣いが必要なのではないのかな?
と感じています。

いつもはミネラルウォーター4リットル買っていますが、今回はお茶にしました。

posted by いまい at 21:53| Comment(0) | 店長の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

風評被害にまどわされない様にしよう!

みなさん こんにちは。
Mama通販Shop店長のいまいです。

今、東北では続々と海外救助部隊がきており、必死に救助活動をしている様子がテレビで報道されています。

また、福島原発の爆破の放射能で福島から県外へ移る方もたくさんいらっしゃいます。

私が住んでいる東京も、地震の翌日、コンビニ・スーパーから食材がごっそりなくなりました。

朝日新聞出版発行の週刊誌「アエラ」は20日、東京電力福島第一原子力発電所の事故を取り上げた19日発売の3月28日号について、簡易投稿サイトのツイッター上で「ご不快な思いをされた方には、心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。

同誌は表紙や広告で、防護マスクをした人の写真に「放射能がくる」と見出しを付けました。


ネット上で「福島の風評被害を広げるのか」との批判があり、ツイッターで「表紙及び広告などに対してご批判をいただいています。恐怖心をあおる意図はありません」と釈明し、謝罪のコメントを出しています。

東京でも、放射能がここにもくる!
とパニックをおこしている方もいます。

確かに放射能は危険です。

しかし、よく放射能の危険数値を知らず、周りの人に危険だ!!!
と言うのはよくないと私は強く感じます。

不安ならば、連日テレビで情報を伝えていますので、まずは今はどういう状況なのか?
確認をしてから、がとても大切だと思います。

私の田舎も東北の福島県です。
地震の影響で日々の暮しに支障が出ているとの事です。


今、地震の災害に合わなかった私に出来る事は、
○節電をしっかり行う。
○寄付・義援金をする。
○災害の情報はしっかり確認する。


地震の災害の後の復興は長い時間がかかります。

私自身、今何ができるか?マスコミから伝えられる情報をしっかり確認し、是非援助を続けたいと感じております。
posted by いまい at 16:31| Comment(0) | 店長の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。