mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2012年05月01日

30才過ぎたら、女性の加齢臭に注意!!

みなさん こんばんは。
Mama通販Shop いまいです。

今日はちょっとショッキングなお話??をご紹介したいと思います。

30才過ぎたら、女性の加齢臭に注意!!

????
まさか!!
と思いますよね。

加齢臭=男性と思いがちなのですが、女性も気をつけなくてはいけないそうです。


実は、年齢とともに、皮脂腺にある「パルミトオレイン酸」や「過酸化脂質」という物質が増えて、それらが結びついて「ノネナール」という物質ができます。

特に女性は、加齢とともに女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になって自律神経が乱れると、その「ノネナール」の分泌が盛んになります。それが加齢臭の元なのです。

体臭が変わり始めるのは30代から。体の状態が変化することをよく覚えておいた方がよいそうです。

女性もホルモンが分泌されている間は、加齢臭を防ぎ止めることができますが、50代、60代とホルモン分泌が低下してくると、だんだんオヤジ臭くなってきます。理由は女性ホルモンとの関係です。

40歳代の女性はまだ閉経前で、体の調整が女性ホルモンによって左右されています。

言い換えると体がホルモンによって守られています。ことに酸化に対する抑止力も男性より強いのです。全て子孫を残すため、体の条件がそのように出来ているのです。

しかし更年期を過ぎ、閉経後は男性と同じ条件になりますので、高年齢の女性も「加齢臭」が出ています。ただし、いつまでも若々しく、女性ホルモンを持ち続けている人はその限りではないでしょう。

日本女性の平均的な閉経年齢は50歳前後と言われ、閉経前後10年間位の期間に卵巣の働きが徐々に低下してきます。

また、閉経が近づくと卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少してきます。しかし、脳からはエストロゲンの分泌が不足しているので、もっと分泌せよという指令が卵巣に届けられます。つまり、もう卵巣からエストロゲンが分泌する能力はないのに、脳からは卵巣を刺激するホルモンが分泌されるのです。このような女性ホルモンのアンバランスから自律神経の働きが乱れて更年期障害が起こるのです。

近年では、20、30代の若い女性にも、更年期障害と同様の症状を訴える方が増えてきているようです。しかし、若い方で本当に閉経に至る方は少数です。中には40代前半で閉経に至る方もいますが、その場合は30代後半頃から更年期障害の症状が現れることもあります。

若年性更年期障害の原因は、ストレスや無理なダイエット、食生活を含む不規則な生活などが大きな原因と見られています。ストレスや無理なダイエットなどの要因が、卵巣の働きを低下させたり、女性ホルモンの減少などによって更年期障害と同様の症状が現れると考えられているのです。

食生活やストレス、ダイエット。
一歩間違えた方法で過ごしていると、加齢臭に悩んでしまうかもしれません。


posted by いまい at 21:30| Comment(1) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

子どもの教育費と保険をわけて考えたほうが良いって本当?

みなさん こんばんは。
Mama通販Shop いまいです。
子供のいるご家庭では、子供の教育費の為に学資保険等やっていることと思います。

こどもの保険を選ぶとなると、まずは貯蓄性の保険。何となく安心、保険とは別に貯蓄を考えるとなると、めんどくさい、と感じられている方、多いでしょう。

貯蓄性の商品を選ぶとなると話はまた別。ここで重要になるのは、みんなが見落としがちになりますが、ポイントは絶対的に流動性です。

今回は、この貯蓄性保険の流動性について、それを見分ける方法をお伝えします。

貯蓄性保険のパンフレットを見るとお分かりのように、保険でカバー、しかも貯蓄性もある、などとかいてあるものがほとんど。

でも、少し待って。貯蓄性の保険っていったい利回りは何%なのですか?

それでは今度は毎月の積立予定金額を実際に掛け算してみましょう。毎月の積立金額×12か月×3年とか5年でやってみてください。実際の金額が高額になる場合、保険とは別に家族の生活がどうなっているか、少し予想してみます。

さて、5年後とか、いまのおしごとの延長上にあなたはいるのでしょうか?
ここが危うくなって来れば、次に考えるべきは保険の持つ流動性がどのくらいか、ということ。

保険の性質にもよりますが、中途の解約が実質的にできないものが、いまは多く出回っています。5年後に積み立てできるこの300万円は、5年後絶対使う必要がない。

・・・こう言い切れるのであれば、検討を前へと進めましょう。

すべての保険は「契約者貸付け」と言って、保険を担保にお金を貸してくれます。でもその際の利率は5%を超えているはず。一方でこの保険の予定利回りは5%とはいきませんよね。

下手をすれば、これまで積み立ててきた高い利回りを貸し付けの支払利息で一発でフイにする可能性は非常に高いのです。これなら銀行定期預金の方がましだった、ということになりかねません。

つまり、契約者貸付けは原則として出来ないと考えた方がいいのです。
posted by いまい at 21:37| Comment(0) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

睡眠不足で一番気になる不調は?

みなさん こんばんは。
Mama通販Shop いまいです。

まだ今年の春は寒いですが、みなさん睡眠はどうですか?
朝ちょっと寒いから、中々まだ起きられない・・・。

という方もいらっしゃるかも。

日の平均睡眠時間が5時間以下の人は、7時間超の人と比べて糖尿病発症の危険性が5倍以上高くなるという分析結果が発表されました。そうでなくとも睡眠不足は様々な不調を引き起こしますが、その中でも一番気になるものといえば?

1位は《集中力の低下》。やっぱりって感じですよね。

睡眠時間が短く「寝不足だな…」と感じるときに《集中力の低下》を実感する人は多いようですが、実際にそれを裏付ける研究もなされているよう。

仕事が忙しい→睡眠不足→《集中力の低下》→仕事が遅くなって、さらに忙しくなる…という負のスパイラルに陥っている人は多いのかもしれません。

まずは自分にとっての適切な睡眠時間確保に努めるとともに、
「眠る1時間前には自分の好きなことをしてリラックスする」
「朝布団を出たら明るい光を浴びる」など、快眠のための行動もとった方がよさそうです。

女性にとっては大問題の寝不足による《肌荒れ》も、避けて通りたい不調。

昨年ファンケルが20代から40代の女性300人に行った調査によると、「睡眠不足のときに気になること」として50%の人が「肌の不調」と答えたのだそうです。


睡眠中に成長ホルモンが分泌され皮膚の新陳代謝が活発に行われることが美肌を生むので、睡眠不足はまさに美肌の大敵。高価な化粧品を使うよりも、まずは睡眠時間をきちっと確保することが美しい肌への近道といえそうです。

 不調の元となる「睡眠不足」状態を解消し良質な睡眠を得るには、自分に必要な睡眠時間を捻出するための生活改善と、部屋の明るさや音、湿度、寝具の状態など寝室の状態を整える環境改善が有効なのだそう。
、自分の生活状況や睡眠環境を再度見直してみたほうが良いかもしれませんね。
posted by いまい at 21:53| Comment(0) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。