mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2010年08月25日

働く女性は家事をどうやりくりしてるの?

みなさん こんにちは。
Mama通販Shopの店長 いまいです。

本日のテーマは

「働いている女性の家事ってどうやりくりしているの?」

を色々調べてみました。


 働く女性にとって、掃除や洗濯などの日常の家事をいかに片づけるかは、大きな関心事。自分なりの方法で乗り切っているという人は多いそうです。

家事代行業者を活用するタイプの方や、小さな工夫を積み重ねるタイプの方、色々いらっしゃるようです。




千葉県柏市に住むA子さん(52)は夫婦、子ども2人の4人暮らし。平日は夫婦ともに仕事に追われ、忙しい日々を送っているが、家の掃除、洗濯はA子さんが担当。

A子さんが1年前から利用しているのが家事代行サービス
毎週金曜日に、部屋の掃除や洗濯などを依頼している。1回3時間の利用で、費用は約9000円。1か月では3万6000円ほど。

家事代行を使う理由は、

「土曜日は一日中掃除に追われていた。しかし、家事代行サービスを活用するようになって、時間に余裕ができた。きれいな部屋で目覚めるのはとにかく気持ちいい。費用は高いとは思っていません」との事。

利用者の8割は共働きの女性で、年齢は30〜50歳代。

平日の金曜日に依頼する人が多く

「休日を、自分の趣味や家族とのだんらんに活用するために使っているようだ」

という訳のようです。

いつも家事代行ではなく、週1回や1日数時間程度の「プチ家政婦」みたいなサービスがここ最近増えているようです。

最近ではコンビニでチケットを購入して予約できる家事代行会社も増えつつあるようです。


また、家事を工夫している方は、掃除機は充電式の小型タイプにこだわる。
すぐに使える場所に置いておき、気づいた汚れにはこまめに掃除機をかける。

これによって休日に行う全体の掃除を簡単に済ませているという。
毎日の小さな工夫の積み重ねで家事を短縮し、休日に時間を作り出すのは可能との事。

 不動産会社のコスモスイニシア(東京)が1月に実施したインターネットのアンケート調査によると、平日の平均家事時間は、働く女性が3・13時間で、専業主婦より1・35時間少ない結果。
一方、休日の平均家事時間は、働く女性が4・21時間で専業主婦(3・95時間)より多いという結果です。


働く女性にとって家事は大変なもの。

Mama通販Shopでは忙しい女性の為に時間を短く、美味しく簡単に料理や掃除ができる優れものグッズを数多くご用意しています。

今話題のロボット掃除機も6000円台から。

家事をどう短く、簡単にするか?

お悩みならば、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?


ロボット掃除機お探しならこちら!価格も通販特価。


posted by いまい at 16:33| Comment(0) | 家事の効率化情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。