mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年09月04日

今年の夏の光熱費どうでしたか?

みなさん こんにちは。
Mama通販Shop いまいです。

今年は夏の電力不足で節電対策を行なったご家庭は多いですよね。

でも・・・・・

電気代は下がったけど、全体的に光熱費あがったって方、いらっしゃいませんか?

「節電」が最優先ですが、家計を考えれば、水道光熱費全体が増えるのはやはり痛いですよね。

 トースターの代わりにガスコンロの魚焼き機でパンを焼く、電気ポットを使わずにガスで湯を沸かすなど、調理をガスに頼る頻度が増えたという意見もあったそうです。

私の場合も電気代は下がりましたが、ガス代が・・・・。





ラベル:光熱費 節約
posted by いまい at 10:29| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

もし、東京で大規模停電が起きたら…どうなる?

みなさん こんばんは。
Mama通販Shopのいまいです。

昨日のニュースで東北電力の供給電力が逼迫しているとのニュースが出ました。

夏場の電力不足で、懸念される首都・東京で大規模停電が起きた場合、大きな被害が続発する恐れがあります。
政府は前年比15%の節電を求める電力使用制限令を37年ぶりに発令し、予期せぬ大停電の食い止めを行っていますが、専門家は「予断を許さない状況」と警鐘を鳴らしています。


国土交通省によると、全国に設置されたエレベーターは70万台。このうち大多数にあたる「7、8割程度」は非常用電源を備えておらず、利用者が閉じこめられる恐れがあるそうです。

 平成21年9月の建築基準法改正で予備電源の設置が義務付けられましたが、それ以前には基準がなく、いったん閉じこめられれば電源が復旧するか、保守会社などの救出を待つしかなく、停電と同時に空調も停止してしまいます。
狭くて暑くて暗い密室。脱水症状など生命にかかわる問題につながりかねません。

JRや地下鉄などの電車内の閉じこめも懸念され、JR東日本などによると、各車両は蓄電池を備えていますが、冷房を動かすだけの能力はなく、日中に電車が止まれば、炎天下にさらされ、熱中症が多発する危険もあるわけです。


東京消防庁によると、都内にある救急車は、予備車も含め約400台。119番通報は、自家発電装置により受けることは可能ですが、熱中症の搬送が相次げば、車両が足りなくなる恐れもあると危惧しています。


また、工場などが備える自家発電機は動き始めから数分間は不完全燃焼で黒い煙があがるといい、火災と勘違いした市民から通報が相次ぐことも懸念されています。

一方、110番通報を受ける警視庁は、72時間分の非常用電源を備えていますが、通報が相次いだ場合は受理する人員が確保できるかが課題。


加えて、道路は大部分にあたる約1万3千基の信号が停止してしまいます。

駅前のロータリーなどに帰宅困難者らが集まれば、緊急車両の到着に支障が出る可能性もあります。

それだけではありません。汚水の処理にも影響も懸念されているのです。
東京都によると、地下を流れる下水はいったんポンプでくみ上げてから下流に流すので、非常用電源は備えるが出力が劣るため、停電に豪雨が重なり、大量の雨水が流れ込めば処理が間に合わなくなります。
最悪の場合、マンホールから下水があふれ出し、衛生上の問題が起きることも危惧されるといわれています。




大規模な停電は経済にも大打撃を与えます。

工場の生産ラインに打撃を与え、交通網の乱れで運送トラックは遅延。小売店ではバーコードが使えず、レジには長蛇の列ができる恐れもあります。

その被害が大きいのは中小企業で、自家発電機を持たない工場も多く、停電が長期化すれば破綻につながると指摘されています。
つまり、商品の供給が追いつかなくなり、価格の高騰を招くこともあるとのこと。

金融では小規模な銀行のATMは停止。
株式市場では信用低下で日本売りが加速し、株価の急落を招く危険もあるのわけです。

国は節電を呼びかけていますが、危険なのは、電力の需給が逼迫(ひっぱく)する日中などに、地震などの災害が追い打ちをかけた場合、


万一、発電所が緊急停止してしまうと、通常は一定を保っている電気の周波数が低下、変電所のブレーカーが連鎖的に落ち、広範囲にわたって電気の供給が遮断(しゃだん)される恐れがあるそうです。

この発電機の停止に伴う停電は、電線が切れた場合などと比べ、復旧に時間がかかり、2003年8月にニューヨークで起きた北米大停電の際には2日を要しました。

経済や産業を壊滅状態としないため、節電対策などを進め、なんとしても大停電を防がなくてはならないわけです。

これから猛暑がまた続きますが、再度、節電対策をもう一度、しっかり行っているか?
一人一人チェックをしなおすべきかもしれません。




posted by いまい at 12:56| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

窓の断熱対策にすだれ・フィルムだけじゃなくスプレーも登場したのをご存知?

みなさん こんにちは。
Mama通販Shop いまいです。

政府による関西電力管内の節電要請期間が25日に始まるなど、節電意識が高まる中、窓ガラスを透過してくる太陽熱をシャットアウトする「節電グッズ」が、家庭で注目を集めています。


古典的なすだれや断熱フィルムばかりでなく、スプレーを窓に吹き付けて拭くだけで断熱効果がでる手軽な製品も登場し、住宅などで重宝されているのだそう。


大手量販店やホームセンターの省エネ商品コーナーには、すだれや扇風機などとともに、断熱フィルムが並んでおり、家庭の窓ガラスに合わせ、十数種類の商品が用意されていますが、人気のため品薄状態が続いています。



その中で手軽さで注目を集めているのは、窓ガラスにスプレーし、布で拭くだけでコーティングされる断熱スプレーです。

値段も手ごろで、窓ガラスにできた膜が室内へ熱を通しにくくします。窓の表面温度で2〜4度の断熱効果があるといい、持続期間も結構あります。

窓用省エネスプレー 寒い暑いその時

使い方はカンタン。建物内から窓ガラスにスプレー。あとは伸ばすように拭くだけでOK。5秒程度で窓ガラスからの熱の出入りを抑えるスグレモノです。

断熱効果により、夏の冷たい空気、また冬の室内の暖かい空気を窓から逃がしにくくなります。ガラス面の結露発生も抑制されたとのこと。窓際の水溜りや、それによるカビって嫌なものですよね。ちなみに効果持続は約1ヶ月間持続。塗布後は水拭きやから拭きしてもOKです。


窓用省エネスプレー 寒い暑いその時の詳細ページはこちら
posted by いまい at 14:28| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。