mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2012年04月15日

600g〜1kgも?寝るとやせる理由とは?

みなさん こんにちは。
Mama通販Shop いまいです。

ダイエットするときには「寝不足では体重は減らない」ということ実はご存知ですか?

????

と思いますよね。

ダイエットするときには「寝不足では体重は減らない」のだそうです。
その理由は、実は自律神経は体重の増減を左右する、しかも睡眠時に。

副交感神経がきちんと働いていると、睡眠中、昼間使った内臓や筋肉の修復をするために、膨大なエネルギーを消費します。
健康な人なら、寝起きに600g〜1kg体重が減っているのは通常の範囲。
寝るとやせるのはこれが理由。もし寝ても体重が減らないという人は、エネルギーを過剰に摂りすぎているか、自律神経のバランスが崩れているのかもしれないとのこと。

体重は、夜寝る直前と、朝起きた瞬間に量るのが鉄則。良質な眠りを導く、夜風呂も忘れずに実践!

疲れているのに短時間しか眠れないのは、副交感神経がきちんと働いていないことが原因。老人が早起きなのは、寝てエネルギーを消費する機能が低下しているからなのです。

また、睡眠中、汗をかいて体は乾く。
ドロドロ血のリスクを軽減するためにも、眠る前に水分補給。枕元にペットボトルの水を用意しておくのも安心ですよ。

あと、腸内環境を整えることで知られる、ヨーグルトの乳酸菌。内臓の動きが活発になる睡眠の前に飲んでおくとさらに効果的。翌朝にはすっきり快調です。

睡眠に関してNG行動を次のようなこと。

・寝る直前に食事をする

・室内が明るいまま

・テレビや携帯画面を見る


いまから眠りモードというときにご飯を食べたら、また昼間モードに。
どうしても空腹ならば水や無糖サイダーで胃腸に負担をかけないものを。明かりは暗く、テレビは見ずに、目は休まるのがポイントです。


posted by いまい at 12:28| Comment(0) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。