mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年12月02日

電気ポットの電気代の実態、消費電力とは?

みなさん こんばんは。
Mama通販Shopのいまいです。

今日は本当に寒い一日でした。
私が住んでいる東京は風が冷たくて、手袋がないと手が痛くてしかたありません。

寒いと暖かい飲み物は本当に嬉しい限りです。

お湯を沸かし、なおかついつも適温に保温をしてくれる電気ポット。
お茶やコーヒー好きな方にはもちろん、そうでない方にも大変便利な電化製品です。
ですがその電気ポット、とても多くの電気を消費していることご存知ですか?
沸騰時はもちろん、保温している時にも電力を消費していますので、実際に電気料金を計算するとけっこうな金額になります。
ではいったいどの位の電気代がかかっているのか?
調べてみました。



平均的な電気ポットを例にとって、以下の条件で電気料金を計算。
電気ポット容量 2.2L
沸騰時の消費電力 1000W
保温時の消費電力 35W
電気料金 23円/Kwh
◆1日に2回満水で沸騰させ、それ以外の時間は保温状態
◆水が沸騰し、保温状態になるまでに要する時間15分


まず2回の沸騰の電気代は、1日11.5円。
保温状態の時の電気代は、1日18.9円。
両方を合計すると、1日の電気代は30.4円となります。
月で計算すると、その電気代912円
さらに年で計算をすると10944円になります。


お茶やコーヒーをよく飲むのでポットが手放せないとか、赤ちゃんのミルクのためにお湯が必要というご家庭の場合、最近では保温時節電タイプの電気ポットや、電気で沸かして魔法瓶で保温するなどというポットも登場しています。

温度や量も調節できるタイプもあるので、電気ポット使っていて電気代が気になる方はこのアイテム情報をご覧になってみてはいかがでしょうか?

わずか5秒でお湯が沸く瞬間湯沸かし器!
朝が忙しい方、電気代を節約したい方必見です!早くただ沸くだけでなく、 飲みたい量と好みの温度も設定できます。
また、カップに合わせて高さ調節の伸縮可能。

瞬間湯沸かしポット情報はこちら


posted by いまい at 21:19| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。