mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年05月28日

原材料費高騰 食品続々値上げ!?

みなさん こんにちは。
Mama通販Shopのいまいです。

食品が値上にふみきるメーカーさんが続々出ているとの事。

毎日食べるものだから、すごく気になりますよね。

小麦など穀物価格の高騰を受け、製粉メーカーや大手製パン各社が6月以降、相次いで値上げ。


小麦は幅広い食品に利用され、値上げがさらに広がる可能性もあります。食用油やコーヒーなどの価格も上昇とのこと。

平成20年5月以来、3年2カ月ぶりの値上げを決めた敷島製パンは、震災で消費意欲が落ち込んでいることから、値上げ幅を7%と最小限に抑えたと報告。
「砂糖や油、卵の価格が高止まりし、原材料に占める割合が多い小麦まで高くなり、非常に厳しい。値上げは苦渋の決断だ」(同社)と理解を求めています。


日清オイリオグループは、大豆や菜種の上昇を受けて4月1日から家庭用と業務用食用油の値上げを決め、値上げされた商品が徐々に店頭に出回り始めています。


コーヒー各社も今月下旬から商品価格を値上げ。コーヒー生豆の相場が前期比2倍超になり、キーコーヒーは原材料費が約10億円押し上げられ、23年3月期連結決算で最終利益は前期比71%減。


冷凍食品のニチレイも鶏肉や包装材などの価格上昇を受け、10月以降の一部冷凍食品の値上げを検討。原料価格の高騰は業績の大きな重しになっており、追随も予想されています。


原因は、穀物や資源価格が高騰しているから。


新興国の成長による需要増大に加え、世界的な金融緩和であふれた投機マネーが商品相場に流れ込み、食料や資源価格を押し上げているからです。



さらに東日本大震災による部品のサプライチェーン(供給網)の寸断や電力不足で企業の生産が停滞し、品薄状態が続いていることも一部で物価上昇の要因。


価格をあげざるを得ない理由は、原材料費の上昇を価格に転嫁できないと利益が目減りし、値上げすれば、売り上げが落ちる。企業業績の落ち込みは避けられず、賃金や雇用が悪化して消費がさらに低迷するという悪循環を招きかねないという企業の厳しい経営状態があるからのようです。


posted by いまい at 16:07| Comment(0) | エンタメ・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。