mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年05月12日

これから暑くなる季節。刺身や卵かけご飯、生食の注意点とは?

みなさん こんばんは。
Mama通販Shop いまいです。


焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で4人が腸管出血性大腸菌(O(オー)111)で死亡したユッケ集団食中毒事件は、食品を生で食べることの危険性を改めて気付かせた事件です。

安全のためには食品を加熱すればいいとはいえ、日本では刺し身や卵かけご飯など昔から食材を生で食べる習慣があります。食品を生で食べる際の家庭での注意点を調べてみました。


スーパーなどで購入するときは買い物の最後にし、寄り道せずに持ち帰り、家ではすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れます。

調理前は真水の流水でよく洗い、なるべく早く食べるようにしましょう。
保存する場合は必ず冷蔵庫に入れ、室温で放置する時間をできるだけ短くします。

 魚介類を調理した包丁やまな板からの二次感染を防ぐため、調理器具はこまめに洗います。まな板を洗う手間が面倒な人はキッチンペーパーを敷いた上で魚を調理すると良いです。

卵は平成11年、食品衛生法施行規則の改定で賞味期限表示が義務化され、卵の賞味期限は、卵を安心して「生で食べられる期限」を示したもので、生で食べる場合は必ず賞味期限をチェックし、期限内のものを食べましょう。

生卵の食中毒はサルモネラによるものですが、この菌も大量に摂取しないと発症しません。
賞味期限内のものでも、ひび割れていたり、室温で放置したものは菌が増殖している可能性があるので、食べる場合は加熱した方が良いです。

また、卵を割ったらすぐに使うようにし、割り置きはしない事。
卵は新しいものほど黄身が盛り上がり、白身がプルンとしている。期限内なら問題ないとはいえ、鮮度が心配な人はこうした点をチェックすると良いです。

家庭でできる食中毒予防のポイント

・生鮮食品は新鮮な物を購入する。

・購入時は消費期限表示を確認する。

・肉汁や魚などの水分が他の食材につかないようポリ袋にそれぞれ分けて持ち帰る。

・冷蔵庫は10度以下、冷凍庫は−15度以下にする。

・肉、魚、卵を調理するときは取り扱う前後に必ずせっけんで手指を洗う。

・カット野菜もよく洗う。

・残った食品は浅い容器に小分けして保存する。

・残った食品を温め直すときも十分に加熱する。


 (厚生労働省「家庭でできる食中毒 予防の6つのポイント」から抜粋)



posted by いまい at 22:51| Comment(0) | おいしく食べる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。