mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年04月03日

粉ミルク、お水の硬度に気をつけて!!

みなさん こんばんは。

Mama通販Shopのいまいです。

各地の水道水から1歳未満の乳児の飲用基準を超える放射性ヨウ素が検出された影響で、乳児の粉ミルク用にミネラルウオーターを使う人が多くなりました。

今回のトピックスは是非、乳児のいらっしゃる方は是非、読んでいただきたいと思っています。


ただし、粉ミルクはミネラルの少ない軟水の水道水で作ることが前提で、硬水を使うと乳児の腎臓に負担をかける可能性があります。


ミネラルウオーターは地下水を原水としており、粉ミルクに使っていけないのは硬度が100を超える硬水。

硬水はミネラルのカルシウムやマグネシウムが多く、硬水で溶いたミルクを乳児に飲ませると、必要以上にこれらのミネラルを摂取することになります。

例えば6カ月までの乳児の場合、カルシウムの1日当たりの摂取量は200ミリグラムが目安で、粉ミルクには100ミリリットル当たり約35ミリグラムが含まれています。

硬水のミネラルウオーターの中には1リットル当たり500ミリグラム近いカルシウムが含まれているものもあり、この硬水で作ったミルクを飲ませると、乳児は目安以上のカルシウムを取ることになり、過剰に取ったミネラルを排出するのは赤ちゃんの腎臓に大きな負担になるからと日本乳業協会の東京消費者相談室が報告しています。

粉ミルクメーカーなどは「粉ミルクには硬水のミネラルウオーターを使わないで」と注意を呼びかけています。


posted by いまい at 18:24| Comment(0) | 乳幼児の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。