mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2012年01月24日

ヒューロムスロージューサーとベジフル、イキイキ酵素君の比較情報

みなさん こんばんは。
Mama通販Shopのいまいです。

低速ジューサーといっても色々な商品がありますよね。

今回は、ベジフル、イキイキ酵素くんとヒューロムの特徴をご紹介します。



ヒューロム・スロージューサー


家族の人数が多いなど量を多く作りたいのであれば、ヒューロムがおすすめです。
定格使用時間:30分

ヒューロム スロージューサーは低速圧縮搾りを採用しており、低速回転スクリューで高圧をかけながら潰して搾るので、生野菜や果物の栄養価を破壊することなく、ジュースが作れます。
また、固めの野菜、柔らかい野菜、軽い葉物野菜まで、どんな野菜でも果物でも、うまくジュース化することが可能です。
投入口に野菜や果物を入れると、スクリューがゆっくりと回転して、材料を巻き込みながら搾っていきます。



ベジフル

こちらも低速型ジューサーの代表選手。
搾る時の音が静か・栄養学的にすぐれている・より自然に絞ったジュースが味わえますが、野菜を入れる穴が小さく、絞るのに少し時間がかかる・横向きなので少し場所をとる。
少し重いのが難点。
しかし、さすが人気のアイテムで、洗うのも簡単で、ちゃちゃっとお水ですすぐだけ。(一部ブラシで洗う部品有り)
また、料理にも活用できます。ひき肉など、ミンチにする料理に便利ですね。



イキイキ酵素くん


ジュースの量は、ベジフルとほとんど互角です。若干イキイキ酵素くんの方が若干多いかもしれません。
ジュースの質的には、イキイキ酵素くんの方が、サラリとした感じみたいです。
ちなみに、ドロリ感をだすためには、搾ったあとの人参をくわえると繊維が入ったジュースにすることができます。


ベジフルやイキイキ酵素くんは、始めて低速ジューサーを使う方。  
まだ、ジュースの習慣が身につくか不安な方や少人数で使う用途の方におすすめだと思います。




ジュースを作る際のワンポイント!
ワンポイントアドバイス
タネをとる
ジュースの材料にタネのあるものを使う場合できるだけタネは取り除きましょう。
果物のタネは鳥などに食べられて運ばれます。
その時鳥の消化器で消化されてしまわないように酵素の働きを抑える強い抑制物質が含まれています。
レモン、ミカン、 スイカなどのタネのある素材は出来るだけタネを取り除いて搾りましょう。

にんじんにはビタミンCを壊す成分が含まれています。
あらかじめジュースに ビタミンCを含むレモンやオレンジを入れることによってにんじんのビタミン破壊成分を無くしてしまいます。
こうすることによって飲んだ時に体内の入ビタミンCの破壊を防ぎます。

是非参考にしてみてくださいね。

ベジフルの詳細情報はこちら


イキイキ酵素くんの詳細情報はこちら


ヒューロム・スロージューサーの詳細情報はこちら


posted by いまい at 20:19| Comment(0) | 商品比較情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。