mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年07月18日

窓ガラスを工夫するだけで断熱効果大! 暑い夏を乗り切るための窓対策とは

みなさん こんにちは。
Mama通販Shopのいまいです。

この夏は節電対策のためにも、上手に暑さをしのぎたいものです。
暑さをやわらげる方法を調べていたら、窓辺を工夫するだけで冷房効率が上がり、省エネ効果があるそうです。

夏の室内全体の熱量は、日差しなど窓から侵入してくる熱が53〜71%と言われています。


窓辺の遮熱方法として
『二重窓や二重サッシの内窓を取り付ける方法』
『真空ガラスに交換する方法』
『2枚のガラス間の空気層に乾燥剤を入れ込む、ペアガラスに交換する方法』
の3つがあります。いずれも専門業者が入る必要はあります。


ただし、お値段が張るのも事実だし、持ち家じゃないとやりにくいですよね。


一番多いのは「断熱シート系」で、窓ガラスに水や粘着テープでフィルムを貼るタイプ。

フィルムを貼ると窓ガラスは不透明になるものが一般的ですが、最近は透明度が高いものも出ているよう。同時にUVカット機能がついているものも多いです。

次に多いのは、「断熱カーテンやレース」。太陽光線を遮断することで、部屋の温度上昇を防ぐカーテン。レースタイプなら、通常の遮光カーテンと異なり、日中でも明るさをキープできます。

また最近はスプレーで断熱を行なえる画期的なものも発売されています。


大手のビルの窓の断熱・断熱フィルムを手掛けるメーカーが、家庭用に開発したスプレーです。建物内から窓ガラスにスプレー。あとは伸ばすように拭くだけでOK。5秒程度で窓ガラスからの熱の出入りを抑えるスグレモノです。1本の使用の目安は、サッシ約30枚分(約50平方メートル分)もできます。


窓の断熱をお考えの方、色々なアイテムが今でていますよ。


手軽に行なえる窓の断熱スプレーの詳細はこちら


posted by いまい at 10:15| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。