mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年04月14日

涼感アイテム!クール敷きパット&クールケットが続々入荷! 種類が豊富で安いアイテム勢ぞろい!

みなさん こんにちは。

Mama通販Shopのいまいです。

小売店よりも早く、通販業界では続々と夏用のクールケットやクール敷きパットが入荷しています。

Mama通販Shop姉妹店、「ひんやり・涼感Shop
http://hinyari.ehoh.net/
もただ今、続々と入荷中。


結構、忙しいです(汗)。


いつもはだいたい5〜6月にかけて、結構注文を頂いているのですが、今年は4月からもう注文が始まっています。

やはり今年の夏の節電対策でご購入されている方が多いようです。


涼感グッズを通販でご購入を検討されている方は是非
ひんやり・涼感Shop」をまめにチェックしてみて
下さい。

毎日、新商品が更新されています。

今回の目玉は充電扇風機や昨年大ヒットのマジクール
それとかかせないのが、クール敷きパットですね。

たくさん商品を掲載いたしますので、是非とも宜しくお願い申しあげます。

ひんやり・涼感Shop


posted by いまい at 17:31| Comment(0) | 新商品入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節電対策に必見!家電の消費電力一覧をご紹介。

みなさん こんにちは。
Mama通販Shopのいまいです。

電気は使用量にあわせて発電をする必要があり、東北関東大震災において実施されている(「計画停電(輪番停電)」は、電力消費が発電容量を上回るために実施。

今は電力が供給できるため、行ってはおりませんが、東京電力のホームページには、万が一、需給逼迫が予想される場合には、予めお知らせした上で、やむを得ず計画停電を実施することもあり得ます

東京電力のホームページ
http://www.tepco.co.jp/index-j.html

と書かれています。


これを回避するためには、電気が逼迫する時間帯(夏は昼間中心)に節電をすることが有効です。


消費電力一覧と有効な対策方法

電気温水器(旧式) 使用時平均消費電力(W):5000W
「対策」
湯沸かし量削減、湯沸かし温度を低く設定、お湯の使用量削減、省エネ機器への代替


エコキュート(給湯) 使用時平均消費電力(W):1800W
「対策」
夜間のみ炊き上げ設定に(節約モードでは昼間の沸き上げが増えます)、お湯の使用量削減、追い焚きをしない。


エアコン 使用時平均消費電力(W):200〜1000W
「対策」
温度設定を低めに(20℃目安)、フィルター掃除をする。


大型テレビ(3年以上前機種)使用時平均消費電力(W):150〜300W
大型テレビ(最新機種)使用時平均消費電力(W):50〜100W
小型テレビ 使用時平均消費電力(W):20〜60W
「対策」
電力を使う昼間はつけない様にする。

また、最近は衣類乾燥機、電子レンジ、IHクッキングヒーター、食器洗い機など、消費電力が1,000ワット以上の電気器具が増えています。

こちらも昼間はなるべく使わない方が良いかと思います。

これから暑くなり部屋の中もムシムシする季節となりますが、風が入る間取りになっている場合は、窓を開けて風を入れたり、首に冷たいタオル等をまくだけでも、結構変わると思います。


手軽な料金の涼感グッズをうまく使ってみて、節電を行った方が体へのストレスがなく、継続する事ができると思いますよ。


手軽な価格の涼感グッズ情報はこちら
posted by いまい at 15:36| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の計画停電対策で人気急上昇中のアイテムって?

みなさん こんにちは。

Mama通販Shopのいまいです。

今年の夏は計画停電、節電等がCMやニュース等で色々報道されています。

東京電力では福島第1原発事故などで電力供給力が大幅に減っており、経産省は、夏場に確保できるのは4500万キロワット程度と推定。

東電はピークの需要を5500万キロワットと見込んでいますが、経産省は猛暑になった場合、昨夏のように6千万キロワット程度に増加する恐れがあるとみており、需給格差を埋めるには25%の削減が必要としています。


昨年程の猛暑にはならないようですが、夏はやっぱり暑いですよね。

今年の夏の人気商品は、電気を使わない避暑対策グッズが話題となっています。


電気がこない夏の避暑対策グッズとして、充電式のコードレス扇風機や電池式の扇風機に人気が集まっていますが、ここでは充電式扇風機の人気アイテムとなぜ売れているのかについてご紹介していきます。

充電式扇風機のメリットは電源が選べることが大きいです。
震災の影響により行われる停電は断続的なものではないので、停電と停電の合間にコンセントから充電しておけて、さらに電池式の電源と選べることで、ダブルで電気がなくても電源を確保して扇風機による避暑対策グッズとして働いてくれる点が人気となっています。

予約が多く、現状では6月に納期とのこと。

需要が明らかに多いといえそうです。

充電式扇風機の価格は8000円〜あるみたいです。(楽天等)

また、今年の充電式扇風機は停電の場合に備え、LEDライトもついているから驚きです。

一回の充電で約4〜5時間使用可能で、しかもLEDライトがついているから、ランタンや電球の代わりにもなるので、手元に懐中電灯がなくても大丈夫。
扇風機としての機能もしっかりしており、首振り機能はもちろん、風量もHIGH/LOWの2段階調整が可能との事。


夏の計画停電等、気になっている方は是非チェックしてみてくださいね。

充電式扇風機 LEDライト付きの詳細情報はこちら


posted by いまい at 14:31| Comment(0) | 節電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。