mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年04月11日

低速ジューサーで作った野菜ジュースは美味しい?

みなさん こんにちは。
Mama通販Shop いまいです。

これまでのジューサーは、高速回転式や遠心分離式がメインで、パワーにものをいわせて、素材を早く砕くことを売りにしていました。


しかし、それらのタイプだと、モーターを高速回転させる際に、熱を出してしまいますので、せっかくの身体によい「活きた酵素」が死んでしまいます。

生野菜の栄養素や野菜酵素をとりたいと考えているならば、今、話題になっている「低速ジューサー」がおすすめだと思います。

ジューサーは、大きく分けて低速タイプと高速タイプに分かれています。

高速回転タイプのジューサーは、文字どおりスクリューの部分が、高速で回転をして、野菜や果物を粉砕します。そのスピードは1分間あたりに10000〜20000回転と言われております。

一方の低速回転タイプのは、1分間あたり、たったの80回転しかしません。


低速回転タイプは、ゆっくりと素材を絞りながら、ジュースを作っていくので、あまり摩擦熱などを出さず、素材が持つ栄養素をそのまま残してくれます。
せっかく健康を意識して、野菜ジュースや果物ジュースを飲むのですから、栄養素が壊れていない方が良いわけですよね。

低速ジューサーも色々とあります。

今回はイキイキ酵素くんを徹底的に調べてみます。

イキイキ酵素くんは低温圧縮技術を使うことによって、栄養を破壊せずかつ細胞内栄養が摂れ、酵素はもちろん、ビタミン、ミネラル、も十分摂れます。

自動洗浄システムがお手入れの手間を軽減します。運転と同時にジュースストレーナーのステンレス部分を常に掃除しているので一度の大量のジュースを搾ることも可能です。搾ったあとは、そのまま水洗いができます。

また、果物や野菜の繊維はジュースとは別に排出されるため、消化吸収のよい美味しいジュースが搾れます。

ただ、投入口の口径が小さいのでジャンジャン搾るのには向かないと思います。(まるごと、そのままでは搾るのが難しい)
しかし、部品も小さく簡単に洗えることから、グラスなどと一緒に洗い素早く次に備えることが出来ます。


難点として、ニンジン・ケールなど硬質の野菜をジュースにする場合、イキイキ酵素くん DA-980 では短時間は可能ですが、連続的に搾るとドラムが壊れる場合があるという情報もあるそうです。
材料を細くすることで、少しばかり負担を減らせます。

価格ではamazonが48,000円と高価ですが、もっと安く買えるところもあります。

低速ジューサーお探しの方は是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

イキイキ酵素くん:通販お買い得ページ情報はこちら


posted by いまい at 16:28| Comment(0) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。