mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年04月01日

今日からできる飲料水の節約方法は?

みなさん こんばんは。

Mama通販Shop のいまいです。

福島原子力発電所の事故にともない、「水道水」の安全性を疑問視する声が挙がっています。

結果、関東各都県を中心として、ミネラルウォーターは品薄状態になってしまいました。
その背景には、買占め行為もあると言われています。


「水道水」の安全性が注目されている昨今、今後は「飲料水」が不足する事態も考えられます。


「飲料水の節約方法」を考える方も結構いらっしゃるようです。

例えば

「水だけにこだわらずにお茶などの他の飲み物を飲む」
「野菜ジュースや100%果物ジュースなどをかわりに摂取している」

代替の飲み物で喉の渇きを潤すという意見や、

「比較的味の薄い、刺激の少ない物を食べる」

食事内容から飲料水による水分摂取量を減らそうとする方、

フルーツなど食べ物から水分を取る」など食料から水分を摂取する方法、「お米を炊かずにパンを主食とする」など水を必要としない食材・調理法に切り替えるといった答えがあるようです。

しかし、水分の摂取を我慢していると、特に女性の場合は便秘や膀胱炎などに悩まされるケースや、脱水症状に陥るリスクも高まります。

状況に応じてどのように飲料水を確保するか、現在は飲料水の確保に不自由していない方も、シュミレーションしておく必要がありそうです。


そして、過剰にミネラルウォーターの買い貯めをしないだけで、本当に必要な人たちのもとに「水」が届いていきます。

ミネラルウォーターを節約する生活考えてみてはいかがでしょうか?


ジュースは甘くて・・・・とお考えの方、野菜や果物の栄養を損なわずに、美味しいジュースを自動で作ってくれるキッチンアイテムがありますよ。

こちらも是非、チェックしてくださいね。

美味しい&野菜・果物の栄養を損なわないジューサーはこちら


ラベル:飲料水
posted by いまい at 21:53| Comment(0) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お米は生鮮食品ってご存知?

みなさん こんばんは。
Mama通販Shop いまいです。

今、ショップで売れているのは、「お米」。震災の影響なのでしょうか?

例年よりもお米が売れている状況ですが、みなさん お米の保管方法ってご存知ですか?

米びつに入れっぱなし。袋のまま。
の方もいらっしゃるのでしょうか?

みなさん 驚くかも知れませんが、お米って実は生鮮食品と同じなんです。


お米は精米して2週間ほどで劣化が始まり味が落ちるといわれます。なるべく早く食べきれる量で買うようにした方が良いと思います。

少量から販売、精米してくれる米穀店を探すか、精米されたお米でもなるべく少量の袋入りのものを購入するようにしましょう。また、袋入りのお米は精米日が表記されていますので、日付の新しいものを選ぶようにしましょう。

たとえ少量ずつ買っても一度では食べ切れませんよね。

残ったお米は15℃以下で温度変化が少ない場所で保存しましょう。

家庭では冷蔵庫の野菜室がベスト。

お米は酸化しやすいので密閉容器か袋なら空気をできるだけ抜いてから保存します。

手軽な方法として空のペットボトルが場所を取らずに良いと思います。


ちなみに、お米はもみ殻を取り除いた状態の玄米から、いわゆる白米と呼ばれる精白米まで精米の方法で4種類分かれます。


お米には炭水化物のほか、ビタミン類、鉄分、タンパク質などの栄養素が豊富な食品なのですが、これらの栄養素は精米することにより、その多くは取り除かれてしまいます。


当然、玄米の状態がいちばん栄養素が多いのですが、炊くの手間がかかったり、よくかまないと消化が悪いなどの欠点もあります。


そこで、ぬか層だけを取った胚芽玄米や発芽させてギャバやビタミン類を高めた発芽玄米などが作られています。


■玄米
もみ殻を取り除いたお米。タンパク質、脂質、ビタミン類が多く一番、栄養素が多いが食べにくい。
■精白米(白米)
通常、食べられている白いご飯。一番おいしいが栄養素は低い。
■発芽玄米
玄米を水につけ、わずかに発芽させたお米。血圧降下の作用があると言われているギャバが玄米に比べ約3倍、白米の10倍含まれている。
■胚芽玄米
玄米からぬか層だけを取り除き胚芽を80%以上残したもの。ビタミンE、B1が豊富に含まれ玄米に比べ食べやすいのでおいしい。



美味しいご飯を食べるためには、お米と水はいいかげんに量らず、お米ならカップすりきりで正確に量った方が。より正確にと思うなら米1合に対し水190〜200ccが良いでしょう。ちなみに米1合は約150グラムです。

また。お米は手早く、やさしく研ぐのがポイント。

昔は手のひらでゴシゴシと強く研げといわれてましたが今は精米技術も進歩し、手早くやさしく研ぐようにしましょう。あまり、力を入れるとお米が割れてしまうことがあります。
まず、水に米を入れたらやさしくかきまぜ、すぐ水を流す。
これを3〜4回繰り返します。米ぬかを取るため手早くするのがコツです。
研ぎ終わったらザルに入れザルを斜めにし、水切りで5分。

もう一つコツがあります。


ご飯を炊く水は冷蔵庫で冷やした水を使うのがおススメ。


冷やした冷たい水でお米を炊くと粘りと艶が格段に良くなります。目安は2〜3時間、冷やした水につけて吸水させからてお米を炊きます。

そして、ご飯が炊きあがり蒸らしたら飯切りします。

上手にかき混ぜ飯切りをすることにより、余分な水分が飛び、照り、粘性、弾力性、うま味が引き出されます。

飯きりのポイント

○炊飯器のフタをあけ、手早くしゃもじを内釜のフチに沿わせ一周させます。
○次にご飯を十字に4分割します。
○1区画ごと釜の底から返し、しゃもじで切るようにかき混ぜ、ご飯粒に空気をあて手早くほごします。


以上で美味しいご飯が出来上がります。
是非、試してみて下さいね。



ラベル:お米
posted by いまい at 21:20| Comment(0) | おいしく食べる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。