mama.jpg
自宅まで配達してくれるので、お買い物が楽!京都の美味しいミネラルウォーター!

2011年01月20日

少し腹回りが・・・お悩みの方に、太らない鍋で美味しく!冬太りを改善!!

みなさん こんばんは。

Mama通販Shop店長のいまいです。

冬は鍋!実は鍋って身体に良く、野菜をたっぷり食べられるうえ、ぐつぐつ煮て余分な脂肪を流せる。鍋は確かにヘルシーな食べ物ってご存知ですか?


しかし、そのイメージだけで好きなように具やタレを選んでは、ヘルシーなはずの鍋といえども思わぬ高カロリー料理になることもあるんです。

野菜からシメのご飯まで賢く選んで、冬太り撃退に効果的な鍋ディナーにしてみてはどうでしょう。鍋はカンタンなので、おすすめですよわーい(嬉しい顔)
わーい(嬉しい顔)


お鍋で太らないルールとは!!!


ダイエットを念頭に置くなら、こうしたタレを使わずに済む、だしにしっかり味のついた鍋が基本。併用するなら、ポン酢などあっさりタイプがおすすめです。

肉等の主役のタンパク質を脂肪分少なめのものにすると、正直、ちょっとコクが足りない……ということもありますよね。


この“もうひと味”を補うのに役立つのが、キノコ類とゴボウやニンジンなどの根菜類
どちらもいいだしが出て旨味が増し、しかも噛み応えがあるため、満足感がアップするというわけです。
また、根菜はカラダを温め、キノコは免疫力を高める食材でもある。風邪予防に効くといううれしいオマケも付いてきますよわーい(嬉しい顔)


お肉の選び方もポイント。

豚バラ肉は、100gで熱量平均386キロカロリー。

これに対し、同じ豚でも脂肪の少ないヒレ肉なら115キロカロリー、実に半分以下のカロリーで済みます。

というわけで、具の主役となるタンパク質は、脂肪分の少ないものを選ぶことが鉄則。

鶏ならももより胸やササミ、牛はすき焼き用よりもももの薄切りを。ヘルシーなイメージがある魚も要注意、脂の乗り切ったキンメダイよりタラが賢い選択。


鍋の中に発見するとなぜかうれしくなる、春雨。絶対欠かせない! という声も多いけれど、実は春雨の主原料はデンプン、つまり炭水化物なんです。

当然カロリーもそれなりにあるのだけれど、一見ヘルシーなうえに口当たりがよく、ついたくさん食べたくなるところがくせもの。で、代替案としてお薦めなのが糸こんにゃく。春雨と形状は似ているけれど、ほぼノンカロリーだから、いっぱい食べてもOKです!!

それと!早食いはデブのもと。これは世の常識ですよね。

鍋でも油断大敵、次々に煮える具を急いでよそって食べて……となると、あっという間に食べる量が増えてしまう。この “わんこ鍋”状態を防ぐには、殻付きの海老や貝、手羽先など、食べるのに時間がかかる食材を加えるのがコツ。殻や骨と格闘している間に、食べるスピードが自然とダウン。空腹感も落ち着いてきます。

また野菜も、ダイエット志向で行くなら、定番ものに、かさの減らないタイプの野菜を1品足したいです。

たとえばエリンギやカリフラワー、葉野菜ならチンゲンサイなどが、煮てもボリューム感はあまり変わらない野菜。たっぷり入れられるうえ、食感が楽しいもやしもお薦め


すべての具材の旨味が溶け出した、残りのだしで煮る雑炊やうどん。鍋料理ならではの楽しみですよね。


同時に、この最後の炭水化物が、鍋で太る最大の原因でもあるのです。

土鍋で大量に作って食べてしまった、という失敗を避けるのに有効なのが、小さめのおにぎりを作っておく方法。数を決めて鍋に入れてもいいし、だしをかけてお茶漬け風にしても。あらかじめ食べる量を決め、上手にカロリーコントロールして下さいね。


冬太りを防ぐお鍋の食べ方どうでしょうか?


いっぱい食べ過ぎない様に、今お鍋は1人分の機能的な鍋グッズも売っているんですよ手(チョキ)

1005.jpg


l-2.jpg


l.jpg

上記3つのお鍋がおすすめ!
画像をクリックすると、詳細情報が出てきますよ。


posted by いまい at 20:10| Comment(0) | トピックス(特集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事が良かったら是非、押して下さいねわーい(嬉しい顔)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。